チバキラblog

千葉に元気な大人を増やし子供の笑顔を増やす活動を綴るブログ
チバキラblog TOP  >  スポンサー広告 >  仕事(製品開発・特許) >  hondaの真髄って聴きたくないですか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

hondaの真髄って聴きたくないですか?

聴いたんですよ。本田宗一郎氏と一緒に働いた方から、
「たった34人のロクでもない社員の集まりが、12兆円を売り上げる企業になったDNAを」
でも、私の頭は、ハンマーでメタメタに殴られました。

ちば新事業創出ネットワーク 平成24年度セミナーに参加した。
後半は、ホンダでエアバックを16年間研究し続け、日本で初めて商品化した小林三郎氏の講演。

『新製品を創るのに、営業に「お客様の声を聞いてこい。って言ってる?」馬鹿いってんじゃねーよ』
と、営業から意見を聞いて新製品を開発している私は、ハナから叩かれる。

「お客様の声を聞いて商品化。別に悪くはねー。でも、それは開発つまりイノベーションじゃねぇ。
 オペレーションなんだよ。」

これ、前半の講演で違和感を感じた
『聞くのではなく、じーっと観察し、自分なりに感じて考案すること』
が、ハンマーと具現化して、頭に落とされた感じ。

さて、こんな調子で、ホンダのDNAを話し始める。

全部書いていたら、参加された方に悪いので、箇条書きで整理します。
・ホンダには敬語がない。肩書きで呼ばない。○○部長なんて呼ばれる奴は3流。○○さんで2流。サブチャンとか愛称で呼ばれて1流。 ご存知のとおり、本田宗一郎氏は「おやじ」
・とにかく新しことをどうやるか?しかない
・なぜ革新性が衰退するのか?それは「平凡なリーダー・優秀大学の社員・年寄りだらけ」
・イノベーション(ユニークな本質発掘)には、経営学が害になる。40歳以上やエキスパートはいらない
・ホンダ哲学「本質志向・コンセプト志向」要はコレ
・目的と手段をきちんと理解すること
・新価値創りが目的で、技術は手段にすぎない
・本質を熟考するための3つのクエスチョン
・本質を考えるトレーニグをすることの重要性
・ひと言で言って、何だ? つまり、複雑なことも、一言で言わないと馬鹿にされる
・世界一になる方法 それは、本質熟考「どうやったらお客様の喜びを最大にできるか?」
・良いコンセプトができたら、必ず良い商品・技術ができる
・コンセプト、仮説
・とにかく現場を見ろ。読んだり聞いたりよりも、実際に体験すること
・異質な人と本質議論する

そして、この締めくくりに
「革新と改善を混同しないことだ。SWOT分析だのベンチマークだのは、
 改善でしかない。ちょっとした向上でしかない。
 革新は『違い』であり、そこには哲学・想い・コンセプトが必要」
「少子高齢化?そんなこと言っているオマエは巣鴨に3日くらい行ったのか?」
「コミュニケーション不足の若者が増えている?そんなこと言っているオマエは、パソコンとしか話せねえ奴らが行くメイド喫茶に行ったのか?」
と、KOされる。

最後に、
「イノベーションを起こすために最も大切なものは?」という質問に対し
ホンダOBの9割が同じ答えをしたそうだ。それは・・・「想い」

そして、念を押す。
「とにかく新しい事やらねーと日本は沈没だよ。2050年にはGDP8位だよ。
 中国やアメリカはしゃあない。でも、ブラジル・メキシコ・インドネシアより下だぞ。
 だから、とにかく新しことやれ。
 本質を熟考して人間力を高めろ」

どうですか?
現地にいた方でないと、この雰囲気・パワーは掴めないかもしれませんが
ホンダのDNAを知っても、それを取り入れることは、甘くない。相当甘くない。
そう感じてもらえたら。
でも、それで終わりじゃなく、できることからやっていく。

「本質を討論する場」
「ビジネスモデルキャンバスを描くトレーニング場」
これ、千葉に作ろう。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
imagene.jpg
吉岡 和重
備長炭の熱量で人を本気にする。
布袋エンジンを搭載し、セールスコミュニケーションスキルとマーケティングスキルの翼で、会社や仲間・社会の問題解決をする。
理念:人を助ける=仕事
Google
吉岡 和重:プロフィールはこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。